カルテに記入をしている女医

顔にできるしこりには、良性のものもあれば、悪性のものもあります。大きな病気のサインとなる場合もありますので、注意が必要です。どのような原因で現れるのでしょう。正しい知識を身につけて、症状を的確に切り分け、病気のリスクを回避しましょう。






顔にしこりが?知っておきたい3大原因と対処方法とは


1)しこりってそもそもなに?

しこりとは、膿や脂肪などが溜まり、皮膚の表面に出来るコブのような突起をいいます。その他にも、骨が飛び出してできるものなど、複数の種類があり、原因や症状も様々あります。様々なしこりの総称として、腫瘍という呼び方をされることが多いです。

2)種類による違いがある?しこりの3つの種類と違いとは

(1)外骨腫

骨がコブのように飛び出してできるしこりで、良性のものですが、大きくなると血管を圧迫し、痛みを伴います。初期段階では、痛みもなく、サイズも小さいので気づかないことが多いです。全体は軟骨組織で覆われていて、その軟骨祖機内で骨が作られることにより大きくなっていきます。

(2)粉瘤

顔にできるしこりで、痛みは発生しません。膿がが溜まり、できる腫瘍で肌色でなく黒い場合もあります。ゆっくり大きくなり、最悪の場合はメロンのように大きくなることもあります。

(3)脂肪腫

粉瘤と同じく、顔にできやすいしこりで、膿ではなく脂肪が溜まってできる腫瘍です。痛みは発生しませんが、触ると脂肪のブヨブヨとした違和感があり、大きいものでは5cm程になります。大きいものは悪性の場合もあるので注意が必要です。

3)どうしてしこりができてしまう?顔にできるしこりの3大原因とは

(1)嚢胞への老廃物の蓄積

何らかの理由で、皮膚の内側に嚢胞という袋状の空間ができ、そこに垢や汚れなど、老廃物が溜まると、しこりとなります。蓄積した老廃物の中で菌が繁殖し、悪臭を放つ場合もあります。

(2)脂肪を蓄えた細胞の増加

脂肪を蓄えた細胞が発生する原因は解っていないのですが、その細胞が増えると、しこりになります。遺伝性で、ストレスが原因であるという説もありますが、明確には解明されていません。

(3)軟骨組織の異常

染色体の異状により、軟骨組織と骨の境界で骨がつくられてしまい、骨そのものが長くなり、しこりとなります。遺伝性であること以外、明確な原因は解明されていません。

しこりの場合、表面に老廃物のかたまった黒い点が確認できます。また、ニキビとは違い、皮膚の内側にしこりがありますので、外側から指で触れることで確認もできます。






4)試せる応急処置はある?しこりへの対処方法とは

(1)処置の方法とは

顔にできるしこりは、触れずに安静を保つ以外に応急処置というものはありません。冷やしたり触れたりという処置は逆効果となる場合が多いです。痛みを伴う場合や、患部がどんどん大きくなっていく症状が見られた場合は、医師への相談が必要ですので、ご注意ください。

(2)病気の可能性とは

頬の腫れや痛み、異常な悪臭は病気のサインです。炎症や赤みの発生も注意が必要です。しこりは重大な病気のサインである場合もありますので、自己診断は危険です。出来る限り、医師への相談をすることを推奨いたします。

5)症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

(1)乾酪性上顎洞炎

乾酪性物質という、チーズに似た物質が副鼻腔に充満することで炎症を起こします。鼻汁が強い悪臭を放ち、頬が腫れて痛みが発生し、眼痛と歯痛を併発する場合もあります。

(2)上顎洞がん

副鼻腔に悪性腫瘍が発生した状態です。頬が腫れ、口が開けにくくなり、歯痛なども発生します。がんですので、放置していると他の箇所へと転移しますので、早期発見と早期治療が望ましい症状です。心当たりがある場合は早急に検査を受けましょう。

(3)耳下腺炎

口腔内の導管部分という、唾液を分泌する器官に細菌が侵入することで耳下線に炎症を起こします。耳の下や頬にしこりができ、顔に痛みが発生します。

6)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

(1)検査方法

超音波検査やレントゲン撮影、CTなどで検査を行います。細胞診という、しこりの中身を調べる検査法もあります。しこりが良性か悪性かの判断は、細胞診によって行われます。

(2)治療方法

粉瘤、外骨腫、脂肪腫、顔にできるしこりは、どれも手術が必要になります。ただ、外骨腫に関しては、大きさが気にならない程度のものであれば、経過観察でも問題ありません。

7)生活習慣を整えよう!顔にできるしこりへの予防習慣とは

顔にできるしこりは、原因が完全に解明がされていないため、予防習慣についても不透明です。ただ、一部のしこりは細菌感染を原因のひとつ考えられているものもあります。ですので、予防習慣としては、常に皮膚を清潔にするように心掛けることで予防となる可能性もあります。また、外傷が発生した場合は、必ず殺菌するという習慣も、予防につながるといえるでしょう。






今回のまとめ

1)しこりってそもそもなに?

2)種類による違いがある?しこりの3つの種類と違いとは

3)どうしてしこりができてしまう?顔にできるしこりの3大原因とは

4)試せる応急処置はある?しこりへの対処方法とは

5)症状が続く場合は注意!考えられる3種類の病気とは

6)治まらない場合は専門家へ!症状への検査・治療方法

7)生活習慣を整えよう!顔にできるしこりへの予防習慣とは